実践編

独立するということ 

世の中にはいろんなビジネスがゴロゴロしています。
そしてそのチョイスは無限です。
正直いって何でも仕事になるんです。

安定しているサラリーマンや公務員を辞めてでも独立したい!という利点は

1.好きなことを仕事にできる
2.お給料の何倍も稼げてしかも自由が手に入る
3.自分の時間を自由に操れる
4.人が働いているときにバケーションにいける
5.決まった時間に出勤せずに家で仕事ができる
6.上司や同僚との人間関係に悩まなくてすむ

などなど利点ばかりあげてみると最高です。

でもこういった外から見た”自由人”は実はこんな不安もあるのです。

1.仕事の契約が結べないといくら時間を費やしてもお金が入ってこない
2.福利厚生などの特権がない
3.自分が動かないと成果がでない
4.会社をぬけるとあなたはただの一個人。誰もあなたが何をしているのか知らない
5.一文無しになる確率が非常に高い

自由人はかなりの強風にあおられて生きているわけです。
独立のはじめの一歩は私が思うにガッツだけだと思います。
副業で始めて収入が定着したら独立しようなんて思っていると完璧にチャンスを逃すと思うのです。

でも中には2足のワラジを履いて副業が本業の収入をぬいたので独立したという方々もいらっしゃますね。

一体そうなる人とならない人は何が違うのか!?

上手くいく人に共通して言えるのは自分なりの企業秘密を確立できている人。

1.人がやっていないことをしている
2.ずば抜けたマーケティング方法で人集めをしている
3.ネットワークが超うまい
4.その専門に知識がある
5.ハングリー精神が旺盛である
6.誠実なビジネスをしている

この項目の中に”お金を持っている”というのはありません。失敗は成功のもと、というように世界の凄腕ビジネスマンや現在成功している起業家は99.9%皆大失敗を味わっています。

私はアメリカに来て初めて自分が日本で相当なぬるま湯生活をしていることがわかりました。
アメリカに来て想像もしたことのなかった苦労も味わったし、ビジネスの仕方に大差のあるアメリカ式にわけがわからなくなったことも多かった。何でも訴えられることの無謀さも知ったし、更には誠実だと思ってやっていたことが実はカモになってしまうということも学んだ。更にこの業界ではいい物件を一つ入手するのに多分50件はオファーをいれている。
特にこの不動産投資はどこからどうやってよりいい物件を安く手に入れるかが勝負。そういう物件を入手するのってめちゃくちゃ時間かかるしどれだけのコネクションがあるのかで随分変わってくる。
それって企業秘密だと思うのです。

ものすごくどうでもいい商品でもマーケティングがずば抜けていると物凄く売れる。
逆に皆が良いと思うものでもマーケティングが下手だと絶対売れない。
その違いは企業秘密であるマーケティング方法にあります。

 

独立しようと思っている方、又は独立したばかりの方、

There is no short-cut to be successful in your own business! ビジネスを成功させるのに近道はない。
Money doesn’t come to you overnight. お金は一晩では入ってこない。


想像以上の努力を費やせる人は成功します♪