知識編

アメリカの不動産がなぜ欲しいのか?希望は明確に 

日本の皆様によく聞かれる質問があります。

『物件を購入したいのですがいくらくらいですか?』
『利回りはどのくらいですか?』

でもこれだけの質問ではこちらもご希望投資案件を
絞り込むことは不可能です。。。
まず私が投資案件をお薦めするにあたり一番知りたいことは

その方の投資の目的です。

毎月のインカムを重要視したいのか?
何年間所有するつもりなのか?
計画所有期間を迎えたらどうする予定なのか?
投資から得る利益をどうまわしていきたいのか?
今使える投資金はいくらなのか?
物件を所有したいのか?
投資の最終目的は何なのか?

そう、何の為に投資したいのか、ということ
が一番知りたいのです。

自分の将来のためなのか?
子供の大学費用を確保する為なのか?
それとも毎月お小遣いが欲しいのか?

エリアやどのようなタイプの物件が良いか、
ということはその後でいいのです。

エリアは予算により選別されます。
必ずしもチョイスがあるわけではないこともあるのです。

例えば予算10万ドルではカリフォルニアや
ハワイには物件は購入できません。

短期で転売し利益を目的としたいのであれば
キャッシュフローがとても低いエリアの物件を
買うことをお薦めするので毎月の利益は殆ど
ないでしょう。

所有している間は経費が賄える程度の収入で出口で
がっつり稼ぐ方法です。

物件が騰貴するエリアはもともと物件自体
高いので必然的にキャッシュフローは
“あればよい”程度になります。

こういった投資案件は毎月のインカムを
アップしたい人には不向きです。

毎月のインカムアップを目的とした場合は
更にその収入をどうしたいのか、というところ
まで視野にいれておく必要があります。

完全不労収入で確実なインカムアップ
を希望している場合は物件所有はお薦めしません。

というように目的により行うべき投資案件は
大きく異なるのです。

アメリカの不動産投資は利回り以外にも
利益が取れるものが多いので目的により
投資を分散させておくことも可能です。

必ずしも利回り重視としていると間違った
案件をつかんでしまうことも多々。

『物件を購入したいのですがいくらくらいですか?』
『利回りはどのくらいですか?』

という質問をいただいたときに目的を聞くと
よくわからない、とか5年以内に月100万円の利益
を確保したいとか、どうしてもカリフォルニアに
買いたいとかびっくりした答えが戻って
くることも多いのが実情です。

投資で成功するのに絶対必要なのは

計画!

しかもこの計画がぶれていないことをしっかりと
確認してください。

『こういう計画がありますがこれは実現性が
ありますか?』

という質問であれば答えることはできます。

一攫千金を狙うのであれば不動産投資は
向いていないと思います。
しっかりとした計画をまず立ててみること。
これが投資への第一歩だと思います。