アメリカ不動産投資 主婦でもできる簡単投資

5分でわかる!自分が欲しい物件の価格を自分で調べる簡単3つのポイント

IMG_4842

よく皆さんにいただく質問で案外多いのは『いいなと思った物件が打倒な金額かどうかどうやって調べたらいいのですか?』というものです。

意外に調べるポイントがわからないという人が多いということを私も知りました。アメリカの物件の価値はいろいろなファクターが組み合わさって決められます。

もちろん不動産鑑定士を雇うこともできますが又その鑑定が正しいかどうか吟味できる力もつけておきたいもの。

『不動産の価値を査定』というととっても堅苦しく聞こえずいぶんスゴイことをするようですがそのポイントとは結構シンプルだったりするんです。

今日は私が不動産の価値を出したい時に調べるポイントをいくつかシェアします。

続きを読む

LA初の女性向け不動産投資セミナー終了!

seminer 3 copy

21日の土曜日にLA初の試みであった不動産投資セミナーが終了しました。

実は女性向けの投資セミナーをやりたいという思いはかれこれ3年くらい前にさかのぼります。今回はやっとその思いを現実にすることができ、又地元のアメリカで初回ができたことをうれしく思っています。当日は総勢55名の方々にお越しいただき追加の椅子を用意しなければならないほどでした。今回一番遠くはサンフランシスコから日帰りで飛行機で来てくださった方もいて本当に感謝いたします。

女性はとかく難しい話が苦手。分析とか数字とかって私もあまり好きではありません。でも不動産投資に限らず人生ってこの分析や数字を全く無視することはできません。

嫌なことでも楽しく乗り越えていくには何かわかりやすいものとコンビで考えていくと回答が出しやすい。そんな私の体験も踏まえ、初めの一歩を出すまでの道のりのお話をメインにさせていただきました。時間が2時間しかなかったので皆さんと交流できなかったことが残念でしたが全てを2時間で網羅することは絶対無理なので仕方ありません。

セミナー終了後にお話しができた方々もいてその質問から皆さんの意欲がうかがえました。私の試行錯誤の体験談が役にたっているとうれしいです。

不動産投資に関する質問がほとんどだったなかにおもしろい観点で質問をされた方のお話をシェアしたいと思います。

続きを読む

海外不動産投資、始める前に気を付けたい3つのポイント

2011-10-08 11.24.15

最近海外に不動産投資をして大変な目に会ってしまったとか騙されてしまったなどという方から問い合わせを良く受けるようになってから改めてどんな会社が日本人に対して投資案件を紹介しているのか調べてみました。

不動産投資で30%利回りとか、3万ドルで買える投資物件とか目を疑うようなセールス文句がたくさん!

でも日本にしか住んでいない場合、『これならいけそう!』と思わざるを得ないようなうまい引き込み文句がづらづらと並んでいます。

はっきり言ってショックとしか言いようがありません。よく騙されるほうにも理由はある、と言いますが海外に住んだことがなかったらどこから疑っていいのかさえわからないと思うのでやっぱり騙すほうが悪いと私は思います。

続きを読む

インスペクションレポート取得後の買い手と売り手の立場を知る

SAMSUNG

アメリカで物件を買う場合、買い手の権利としてインスペクションレポートを入手することができます。

これは何かというと物件を買う前にその物件の状況を専門家に見てもらい結果をリポートにしてもらうことができるので工事や修繕などが不得意な人(またはそういうことが全くわかない人)や現地にいないで物件を購入したりする人などにとって重要なレポートのひとつとなるのでそのレポートを入手できるという権利は買い手にあるのです。

インスペクションリポートは内容がとても充実していて60ページくらいで戻ってくることもあるので家の状況は一目瞭然。例えコンディションが良くても悪くても、どうでもいいことまで含めて全てしっかりとリポートにのってきます。これがあることにより物件の内情をよく理解できて買った後に『知らなかった』とか『売り手が隠してた』ということがありません。

ではどういうことがそのレポートには含まれているのでしょうか?

続きを読む

ソーシャルメディアを使って『自分をブランド化させる』という言葉の本当の意味

IMG_0381

今日は9時から3時までReal Social 2015 Conference & Expo に参加してきました。

テーマは不動産業界にて行うソーシャルメディアマーケティングについて。アメリカでのマーケティング方法は日本へは約5年遅れで入って行く傾向にあります。ソーシャルネットワークなどで差を付けたい場合もはや日本で情報をゲットしていては遅い。起業家の数が一番多いアメリカはやっぱりその点では進んでいます。

続きを読む