アメリカ不動産投資 主婦でもできる簡単投資

不動産を転がすというスタイルはアメリカ不動産ではもってこい!

sup6 small

昨日は久々にオフィスの裕子さんといっしょにSUP(Stand Up Paddle)に行ってきました。

今回はSUPだけでなくSUP-ピラティス。私はピラティスは初めての挑戦。

sup2 small

バランスをキープしなくてはならないので意外に腹筋やら何やらと使ってびっくり!いい景色見ながら、太陽の下、海の上。。。最高なエクササイズに思わずこの先10回のディスカウントクーポン券を買ってしまいました。笑

サンセットに合わせたセッションで心地よい風に吹かれながらの約2時間。裕子さんといっしょに行ったのでもっぱらSUP中の会話は周辺の家々を眺めながら古くて買えそうな家がないかどうか。笑

続きを読む

自邸や自分の投資物件の価値を上げる方法

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

投資物件を所有している人は不動産投資をしている、という感覚がありますが自邸しか持っていない人は自分は不動産投資をしているとは考えたこともないでしょう。

今日はアメリカ在住の方で自宅を所有している方々への朗報です。

残念ながら日本人で物件を購入し3年ごとにリモデルをしているという人は多分1%にも満たないのです。基本的にアジア人に多いこの傾向。買ったらそれきりでメンテナンスやリニューアルをしない。

アメリカに移住してきたアジア人のお宅は残念ながらガサガサといろんなものが置いてあり、デコレーションも統一されておらず、物が多すぎて見た目がきたない。

これは皆が口をそろえていうことです。その人に相当インテリアのセンスがあったりインテリアデザイナーだったりする以外、アメリカの家でもアジアな感じが漂います。

空間をうまく使うことが上手でないアジア人の家は転売するときにかなり値段をたたかれるのが現状。せっかく長年所有してきて物件はかなり騰貴しているのになぜトップダラー(最高値)で売れないのか?

自邸であろうとその家はその人にとって財産であることは変わりありません。ではその財産の価値を保ち、隣の家より高い価値をキープするにはどうしたらいいのでしょうか?

続きを読む

景気良すぎ?南カリフォルニア不動産動向ダイジェスト

test1

6月末づけでカリフォルニア州不動産アソシエーションより今年半年の不動産動向が出ました。

ここ半年は本当に驚くほど物件の価格が上がってしまい、フリップ物件を思ったよりも購入できませんでした。

1つ前の投稿にも書いたように今までフリップをしていた投資家でお金をもっと出せる人たちはデベロップメントへ移行しつつあります。

それでも良い物件を入手できている投資家たちは何らかのコネクションがある人たちばかり。

私達もこんな中今年に入ってからは数件のフリップ物件を入手しましたが、やっと契約までこぎつけたのに売り手がやっぱり売るのを辞めたと行って来たりこちらの要望をのむといってのまなかったり、、、、

やむを得ずにキャンセルしたものもありました。

下記グラフがカリフォルニア州不動産アソシエーションからでた上半期の結果報告です。

続きを読む

今年目立ってきたこんな不動産投資。フリップはどうなる?

IMG_9252

最近フリップ物件の入手がだんだん難しくなってきたという話は過去にもしたと思います。大きな理由は物件の価格の高さの停滞にあります。

そして未だに買い手の方が売り手より圧倒的に多い。需要と供給のバランスが取れていないので買値は上がる一方。

フリップとは古い物件をきれにリモデルして転売するというオーソドックスな投資方法で利点は短期で完了し高い利益が稼げるというところにありました。

でも最近ではきれいにしただけじゃダメ。新しく建て替えて更に価値をあげる。ロサンゼルスなどではハイデンシティー住宅(人口密度の高い住居区)の建設をLA カウンティー自体が促していることもあり最近では今までは敷地内に1軒しか建ってなかったのにいきなり新築になり3軒とかが同じ敷地に建つようになってきました。そうすることにより1軒買って3軒分の利益を取るというやり方です。

この傾向はロサンゼルスカウンティーだけでなくオレンジカウンティーにも見られます。先日息子のギターレッスン先のすぐ横でデベロップをしていた住宅が公開になったので見てきました。

最近の流行の外観はこんな感じ。。。。

続きを読む

9月のハワイ不動産研修で学ぶバケーションレンタルの利回り

ハワイ視察ツアー

 

ハワイ不動産の研修のお知らせが公開となりましたね!興味をもっていただいている方々から質問をいただいていますのでその中でも一番多い質問を皆さんとシェアしたいと思います。

ハワイ移住、又は日本とハワイを行き来した生活に憧れて今すぐ物件買うぞ~!と思ってもやはり気になるのは『いったいこの投資、いくらくらいのリターンがでるの?』という点と『どんな融資が組めるの?』という2点です。

一概にバケーションレンタルは何%の利回りという表記ができないのですがざっくりとしたリターンは下記の通りです。

続きを読む