バケーションレンタルオーナーとして真似したい6つのアイデア

前回のブログでも述べたように私はバケーションレンタルに泊まるごとにそこのオーナーさんがどんな工夫をしているのかな?という視点で色々チェックします。

何か良いアイデアで自分が取り入れていないものがあれば取り入れたいと思っているから何事も勉強。

今泊まっているベリーズのオーシャンフロントプロパティーでのオーナーさんの工夫はこんなところに見つけました。


 
1.ウェルカムブック
IMG_1648
 
  私も自分のユニットにはこういったウェルカムブックを置いています。これは何かというとオーナーからのウェルカムの挨拶から始まり、そのユニットの使い方の説明やごみ箱の位置だったり何がどこになる、というインフォメーションの他に、お薦めのアクティビティーやオーナーさんがお薦めするレストランの紹介、ツアーなどなどが書いてあるバインダーです。

ただ今回のこのウェルカムブックは今までのどこのバケーションレンタルのと比べてもめちゃくちゃ内容が濃い!スーパーマーケットで食料品を買うときに気を付けなければいけないこととか、チップの割合やレストランごとにも特にお薦めの一品はこれ、みたいな感じで総勢50ページくらいあります。これだけあると滞在中は完全にこのウェルカムブックがバイブルになっていて毎日の始まりはこのバインダーを開くところから始まる、という具合。これは泊まるゲストにとってはありがたいです。ゲストはネットなどで調べたお薦めのランキングよりこういった生の情報が知りたいのです。

思わず自分のユニットのウェルカムブックをアップグレードしないと、と思ってしまいました。帰ったらすぐ取り掛かりたいです!

2.節電のお願い標識
IMG_1646
  これはエアコンは高いのであまり使わないように、という趣旨ですがとても丁寧に説明しています。又快適に過ごせる温度を提示することでガンガンに冷やしてしまうことを防ぐことができていると思います。私の場合はこの手の内容は契約書に入っているのですが契約書というお堅い文面なだけに言い回しも一方的で数名のゲストより”エアコンは快適に過ごせなくてもつけてないけないの?”と聞かれたことが過去に2回程ありました。オーナーとしてはエアコンをつけっぱなしにされると電気代が高くなるのでできれば使ってほしくないけどエアコンがなくて不愉快な思いをしたとレヴューに書かれるとこれもマイナスの結果を引き起こします。でもこういう書き方だと、”そうか、協力してあげよう”と普通の人は思うでしょう。またこの標識がベッドサイドテーブルと入口の玄関ドアの横(リモコンの横)に置かれているのでゲストとして”あ。そうだった”というように思い出されます。これは私のユニットにもさっそく取り入れたい工夫のひとつ。

3.チェックアウト時に確認してほしいアイテム標識
IMG_1645
これはチェックアウトするときにゲストに確認してほしい内容が玄関の入り口ドアのすぐ横にありました。スライディングドアの鍵を閉めておいてとかエアコンはオフにしておいてとかそういったことです。これはバケーションレンタルでは良く見かけますが大抵はウェルカムブックの中に入っていて読んだとしてもチェックアウトするときわざわざ又ウェルカムブックを開いて確認をするゲストはまずいないと思います。でもこうやってドアの真横にあると最後にアイテムを見ながら最終チェックが簡単にできますのでゲストにとてもやさしいですね。私もこの手のお願いはウェルカムブックに入っているのでこれも別途作ってドアの横にかけておこうと思います。

4.キーホルダー
IMG_1649
バケーションレンタルをしていると食料品を持ち運んだリなんだかんだと荷物が多いことがあります。そうなると鍵をふっとどこかに置いてしまい次に出かける時に見つからず探しまくるという体験が実は私にもありました。このアイデアは私も自分のバケーションレンタルユニットには全て取り入れていますがキーホルダーがあることでゲストは自然にここを鍵置き場として使うことができますし、私はサングラスなどをかけておく場所としても重宝しています。自宅であれば自然と鍵置き場とはどんな家にもあると思うのですがバケーションレンタルでは与えられることによってゲストに習慣つけてもらうことができます。
これもゲストを思ってでてきたアイデアでしょう。

5.エリア又は島全体の地図をアートとして利用
IMG_1651
 
旅行に来ている場合、そのエリアが一目で見えるマップは思ったよりも役に立ちます。個人的に私は全体のマップを見て自分のいるロケーションを確認したり地名と地理間を頭に入れたりします。
こういった情報は普通ゲストは事前に調査済だしガイドブックなどを持ってきているとは思います。でも例えばオーナーとして部屋をデコーレートしていて大きな壁のスペースをうめたいと思ったら高価なアートを買うのであれば現地でマップを入手してピクチャーフレームにいれておくだけでマップ兼アートとしてオーナーにもゲストにも便利なアイテムとなります。

6.クッキングブック
IMG_1652
 
バケーションレンタルでの最大の利点はお料理できること。普通のキッチン付なのでローカルで入手したお野菜や魚などクックするときにローカルフードって気になりませんか?
ハワイではハワイアンフードの本はたくさんあり、そこに滞在している間作ってみようかという気になります。もちろん今の時代ネットで検索すればレシピなどでてきますがクッキングブックはキッチンの飾りとしてもかわいいし実際にこういった本を見ながら作る楽しみもあるのです。暮らすように過ごすことが最大の目的であるバケーションレンタルではこういう雰囲気作りもたくさん組み入れたいです。
 
バケーションレンタルでは過去のゲストが調味料などそのまま置いていてくれるので私達が来た時にはこんなにたくさんのローカル調味料を買わずに使うことができるのもプラス。
バケーションレンタルを所有したばかりの頃は自分が誰かのバケーションレンタルに泊まった体験からこんなのがあればいいのにな、と思ったことは取り入れていますが今も尚バケーションレンタルに泊まるごとにいつも新しい発見があることは確かです。
 
バケーションレンタルビジネスとバケーションレンタルオーナーのライフスタイルについてもっと詳しく知りたいかたは、4月2日に東京でセミナーを開催するので是非カレンダーに予定を書き込んでおいてくださいね。既に数名の方より『バケーションレンタルビジネスのこんなところが知りたい、よくわからない』というご要望をいただいております。ご要望をいただければ私も皆さんが何を一番知りたいのかわかりやすいのでうれしいです。どんどんそういった質問は送ってくださいね。
詳しい日程は後日公開させていてだきます♪

PS....
現在滞在中のバケーションレンタル。こんな景色のバルコニーよりブログ書いています。今日は男軍団は1日中沖まで釣りに出かけていますので女子チームはお家でまったり、、、
IMG_1748
 
こんなヨガスタジオが泊まっているところからビーチ沿いを歩いて2分。スケジュールをチェックして友人と2時間汗かいてきました。
IMG_1632
 
ヨガ終了後はフレッシュパパイヤスムージーを飲んだり、女同士でおしゃべり三昧だった1日。何も予定のない今日はリラックスできた1日でした。バケーションレンタル、本当に快適です。。
s-IMG_1749
 
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • follow me
  • facebook
  • インスタグラム
  • youtube