物件を買う前の落とし穴?多くの人が見過ごすポイントTop5

何に関しても落とし穴にははまりたくないものです。苦笑

物件を買うのに色々と気をつけなければいけないことはありますが今日私がトップ5にあげた項目は見えない部分、というか見過ごしがちになってしまう部分。

実はこれも長年の投資歴の中で学んだポイントであまり多くの人は語っていませんが絶対注目すべき点だと思うのです。自宅にせよ投資案件にせよアメリカにせよ日本にせよ、あとで変な意味でサプライズがあるのはいやなもんです。。。

とはいえこれは私の”知らなかった〜!”という体験から学んだ痛い点なので頭の片隅にでもあるのとないのとでは結構違いうと思います。ではではお話を進めましょう。

物件を買った時にかかる経費とは何気に計算している人は多いと思います。もちろんきちんと計算し、経費を把握することはマストですが例えば、必ず支払わなければならない固定資産税。Property Taxってやつですがこれを経費の計算から外してしまうという人は少ないでしょう。

でもその計算に入れている金額、あってますか?

そもそも1%とか4%とかそういう概算じゃなくて、固定資産税の請求書、よく見たことありますか?

1%だと思い込んでたものが1.25%だったりってことよくあります。アメリカの場合州はもちろん市の中でも固定資産税が違うってことよくあるんですよ。あとは保険も。

それから光熱費も、、、

え?どういうこと?って疑問に思った人は是非今日の動画見てみてください。書くより話す方が早いので最近は全て動画に振ってますがこれは結構目から鱗かもしれないので見てほしい。当たり前じゃんって思ってたことが違う場合もよくあるのでこれを機会に皆さんも見直してみてください。

多くの人は見過ごしがち!

不動産投資を始める際に知っておきたいポイント TOP5

落とし穴、はまりたくないですよね〜。苦笑

私は何度も落とし穴にハマっていますが(笑)その都度這い上がってきていますのでこうやって皆さんにお伝えできています。私は走りながら考えるタイプなので落とし穴によくハマるのかもしれませんがこれが皆さんの役に立てば嬉しいです。

  • follow me
  • facebook
  • インスタグラム
  • youtube