サクラメント20万ドル以下のキャッシュフロー物件

最近復活したサクラメント。オレンジカウンティーやロサンゼルスカウンティーの物件は購入価格が上がりまくっていてキャッシュフローは殆ど期待できない現状と比べてサクラメントは価格上昇とキャッシュフローの両方がバランスよく得られることから再度着手しています。私もサクラメントには数件物件を所有していますが現在は少しづつその入れ替えを実践中。入れ替えとは今所有の物件を1-3軒まとめて売ってその利益でアパートメントの購入に力を入れています。
資産の入れ替えは物件を購入したら常に考えておきたいストラテジー。お金を最大限に有利に動かすよう私が工夫しているのは、、、

常にマーケットをみながらタイミングの良いときにささっと動けるようにしておけるような準備をしておくこと。
ということで不動産投資のポートフォリオには物件騰貴とキャッシュフローの両方をバランスよく所有していくことを考えながら物件を購入したり転売したり保有したりしています。

キャッシュフロー物件は毎月のインカムゲインにつながりそれは将来の安定を築くベースとなります。物件騰貴の期待できる物件は資産の入れ替え時に大きく役に立ち、出口戦略の幅が大きくなります。

サクラメントは南カリフォルニアほどの大きな騰貴は期待できませんがそれなりに両面からの可能性を持っているのでどちらにでも転がせる特典はあります。ちなみに私の例をとると、、、

現在売りに出している2軒の物件はたったの2年前に購入。2年で十分な騰貴がでたのでそれらを売ってアパートを1棟購入します。現在もキャッシュフローもでていますが複数ユニットに変えることで空室リスクを低くし、より安定したキャッシュフローを得られるようにと考えての戦略。又複数ユニットは満室になるとそれだけで価値がボンと上がります。現在はアパートの40%空室程度のものを検索中。空室の部分はリモデルしてきれいにしてより高い家賃を徴収できるようにします。

カリフォルニアでは1-3年のスパンでは物件価格は上がったり下がったりしています8年以上の長い目で見ると確実に価格は右上がり。タイミングを見て価格が高いときに資産の入れ替えはしやすいです。例え価格が少し下がったとしてもキャッシュフローがあるので毎月のインカムは確保できています。下がった時は家賃を回収しながら次の波を待つのみ。

前置きが長くなりましたが、今回はそんなサクラメントで20万ドル以下のキャッシュフロー物件のご案内です!

DSC07713
 
HBPによりリモデルされたこの物件。投資家こ購入価格は$166,000. 家賃は$1195で既にテナントさんが入っています。
物件管理はいつものCLCが行い日本語サービスも含まれています。

物件の詳細はサイトよりご覧くださいね。サイトに表記されている推定利回りはネットです。ますますうれしいですね。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • follow me
  • facebook
  • インスタグラム
  • youtube