不動産オーナーとして12月に必ずやっておきたい税金対策

この時期に必ず考える税金対策。12月に入ると毎年これで私はバタバタと忙しくなります。
アメリカでは税金の申告は皆自分でします。会社に勤めていようと自分で会社を経営していようとそれは同じ。会社員は給料明細があるので比較的簡単で、Tarbotaxのようなソフトウェアで自分で処理する人も多いですが給料以外の収入が別にある場合、専門家に聞いた方が税金がかなりセーブてきる可能性は大です。
その収入源が不動産となると色々な面で優遇があるので多少の知識は持っていたいものです。
まず私がすることは、、、、、

 
税金処理は自分一人では到底できませんのでもちろんCPAとのしっかりしたプランが必要。又CPAによって不動産専門のCPAもいるので不動産を多く所有していたりビジネスで不動産を扱っていたりするのであればそれ専門のCPAとしっかりプランを立てることは想像以上に大切で多額はお金をセーブできる結果となります。
不動産投資を始めるにも計画と目的が必要。税金対策も全く同じです。先を考えずに前に進むことはできませんよ~!
IMG_5440
1.毎年10月か遅くとも11月中にCPA(税理士)とアポイントメントを取り対策を練る
このアポイントメントはタックスプランニングというもので今年1月から今までの数字を見ながら12月31日までに調整できるものを調整し2015年の税金申告をするまでになるべく税金を払わないようにするにはどうしたらよいのか、というアドバイスを受けるとても大切なミーティングです。2015年、自分の不動産がどう稼働していたか、又稼働していなかったか。この時点でオーナーは自分の不動産動向をしっかり理解しているはずです。CPAに会うときには管理会社からもらっている毎月のステートメントを自分でまとめ年間で数字が見れるようにしておく必要があります。

この時には不動産以外の収入証明も必要となります。会社員の人は最後にもらった給料明細書を持っていくことにより推定年間給料がわかるので手っ取り早いです。スモールビジネスを所有している人は1月から現時点までのP&L(profit and loss、日本語では損益計算書)をそれぞれ会社のブックキーパーもしくは経理担当者に出してもらいましょう。その他副業などを持っている人はそのだいたいの収入出費の情報も持参します。又自邸を持っている人は固定資産税の支払証明や不動産で融資を得ている人はローンの最新のステートメントも必要となります。このミーティングを基本に12月に必要な項目を全て行うことになります。

2.レシートをかき集める
CPAはできるだけ利益を少なく見せるためにもっと経費を出してくれと言ってきます。上記の数字を全てみて収入が多くなってしまうようであれば12月が終わるまでにあれして、これして、というアドバイズがもらえます。もっと良いCPAになるとこのお金はあっちに動かして、今年中にマテリアル経費として$〇〇〇〇使いなさい、などの指示ももらえます。

これは現時点で税金として出て行ってしまうものを減らすための対策です。

3.自分のだいたいの収入がわかったら。。。?
このミーティングではだいたいの自分のネットインカムがわかります。そのネットインカムより税金の額もわかります。
例えば支払わなければいけない税金が$10,000とでたとします。(不動産と自分の仕事による収入を合わせたものとする。)

いくらその年儲かったとはいえ税金という名目で一括$10,000もIRSに支払うのは痛いです(なぜか損した気分になるものです)。ここからこのタックスプランニングが力を見せてくれるところで、この利益をオフセットするにはどうしたらよいのか。スモールビジネスを経営している場合、会社員よりもこの優遇策を使える手段は多くあります。

4.儲かった年と苦労した年
不動産投資も会社経営も毎年ぐんぐん伸びていればそれはうれしいことですがそうはいかないこともたくさんありますね。

このタックスプランニングをしていると儲かった年でも税金をうまくミニマムにできる対策がありますがこれは12月にお金をあっちこっちに動かすので結構ばたつきます。

苦労した年はその損益を上手に計上しなければならず(損益の計上の仕方により税額に大きな差がでることがある)いかに税金申告後に資金が戻ってくるようにするか計画的に動かなければいけないのでやはり12月は忙しくなります。
 
1月23日、24日のオレンジカウンティーで行われる不動産投資家養成2日間集中コースでは実際に私の税金処理をしてくれているCPAにワークショップに参加してもらうように計画中です。税金処理は人によりケースバイケースですが私は彼女のお蔭で何万ドルもセーブできています。目からウロコな情報がたくさんです!
ワークショップに関してはこちらの動画も参考にしてみてくださいね。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • follow me
  • facebook
  • インスタグラム
  • youtube