カリフォルニア住宅2016年のトレンド

インテリアをデザインするとき、特にフリップ物件は買い手に『ワオ(Wow!)ファクター』を与えなければいけないのでトレンドは最も意識する部分。

又それをいかに安価で仕上げるかという部分がフリップの転売において成功するかしないかという大切なポイントを占めてきます。

仕事ではあるものの、そもそもインテリアデザインとかするの大好きなのでトレンドを勉強したり見に行ったりするのはもはや趣味の一貫。笑

週末なども暇つぶしにマークとオープンハウスやモデルルームを覗きにいくのが大好き。

今日のブログでは金曜の午後に息子をギターレッスンに連れて行ったときに隣に建てていた住宅が完成したのでそのモデルを時間つぶしの為に見てきました。

今のトレンドがぎっしり詰まったこのモデル。おもしろかったのでシェアしますね。


建物は今流行りの『縦長型』

どういうことかというと平屋に大きなお庭という典型的なアメリカンホームから3階建ての庭無し、手間なしのアーバンスタイルのコンドを最近よく見かけます。

階段が多いので対象は若い世代ですがオレンジカウンティーの場合は値段も殆どミリオン前後からスタートなので若者には優しくないプライスレンジではあるものの、バンバン売れています。23軒中残りわずか6軒、、、、これこそプレビルド。。。赤丸はSOLDです。

img_4258

ちょうどオープンした2つのモデルハウス。それぞれにトレンドを取り入れていますが2つは全く印象がことなるデザインです。

どちらが皆さんは好みかな??

まずはこちら。カリフォルニアビーチスタイルっていう感じかな。

 
いままで根強い人気だったステンレス製のアプライアンスですがカラーコディネートできるようなこんな素敵なオーブンもここ数か月ででてきました。でもまだまだ単価が高いのでDIYとかでカラーを付ける方法など結構よくみかけます。ここはホワイトで統一してるからホワイトのストーブ。高いんだけどやっぱり素敵、、、欲しい、、、、

img_4078

2つ目のはこちら。どちらかというとバチャラーアパートメント(お金を多少持ったカッコいい独身男性向け)っていう雰囲気です。

気になるお値段はこちら。

img_4259

 
投資には向きませんね、、、、ま、将来永住を目的としていていまのうちに買って貸したい人は別です。このあたりのエリアはとても人気♪

タイプは違うもののそれぞれしっかりとトレンドが反映されています。今はこんな感じのトレンドがここ1年くらい続いている感じですね。

あと参考にしたいのはカラーバランス

コーディネートをするときにまとまりのある空間にするにはこのカラーコーディネートがしっかりされていることが大前提。

いろいろとアイデアをいただいて次のフリップに生かしたいと思っています。

フリップといえばやっとLAのパサデナ近くに案件あがってきましたよ。あとまだ20万ドルくらい募集かけています。そろそろ締切で~す♪

お問い合わせはお早めに!

One Comment

  • Takahiro Endo

    初めまして、5月5日、6日でLAに伺うのですが、お話を伺う事は出来ますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • follow me
  • facebook
  • インスタグラム
  • youtube